搾っと!サキュバス~食事になるか家畜になるかそれとも両方!?~【ししゃもそふと】


搾っと!サキュバス~食事になるか家畜になるかそれとも両方!?~
ししゃもそふと


あなたの元に突如現われたサキュバス娘たち。
金髪巨乳のわがままサキュバスと貧乳で冷酷なクールサキュバス。
精力が普通の人間よりも強いためサキュバスのターゲットになってしまったあなた。
『おいしい精液を食べるため』『暇つぶしの家畜にするため』
そんなサキュバスの身勝手な【食事】【家畜】対象にされ弄ばれる60分!

■1章:悪魔の手コキ編(20分21秒)
クールなサキュバスの能力は『声で思考を支配すること』
あなたはこの能力に為す術もなく無理矢理発情させられてしまいます。
冷たい声に罵られ、動物のような【悪魔の手】で手コキされてしまうあなた。
痛みに悶え、快楽を植えつけられ、一度達しても当然やめてもらえず…
ただの人間であるあなたは、抗えないまま家畜奴隷の玩具にされてしまいます。

■2章:爆乳パイズリ媚薬フェラチオ編(16分16秒)
わがままサキュバスの『媚薬成分が含まれた粘膜、粘液』のせいで発情してしまったあなた。
感度が敏感になったペニスを大きな胸でパイズリされてしまいます。
先走りを飲まれ、媚薬を塗り付けられ、精液を吐き出してしまい、フェラチオまでされて…
ただの人間であるあなたは、からかわれ遊ばれながら精液を食べられてしまいます。

■3章:アナル尻尾攻め編(16分13秒)
押さえつけられキスをされ発情を促されてしまったあなた。
同じ食事の仕方じゃ飽きてしまうというサキュバスが取った行動は、あなたのアナルを尻尾で穿ること。
アナルに媚薬を塗りつけられ、細い指で中を弄られ、ヘビのような長い尻尾で犯されてしまうあなた。
ただの人間であるあなたは、与えられる快感に身を捩り精液を吐き出してしまいます。

■それぞれのプロローグ(3分25秒+3分19秒)

以上3編で、徹底的にあなたの精子を搾り取ります。
※SEの有無が選べます

収録時間:60分
イラスト:5枚(各章のイメージイラスト3枚+おまけシナリオに2枚)
シナリオ・イラスト:犬飼あお
※スタジオ収録です

【キャスト】
クールサキュバス:海璃あるま
わがままサキュバス:犬飼あお

□おまけ□
1.2人のサキュバスのアフターストーリー(イラスト2枚)
※こちらに音声はございません
2.声優フリートーク(海璃あるま:1分45秒、犬飼あお:2分20秒)
3.NG集(海璃あるま:約4分、犬飼あお:約4分)

<レビュー>
評価:とても良い 良い 普通
内容:ドM ソフトM ラブラブ
異種姦要素:多い 少ない

1章は姉のクールサキュバス(貧乳)で、フィニッシュは2回。
恐怖と快楽に溺れながら、飼われてしまいます。
 「何度射精しても満足できないんでしょう?
  もっともっと浅ましく快感に溺れたいんでしょう?。」

2章3章は妹のわがままサキュバス(爆乳)。
フィニッシュはそれぞれ2回と1回。
2章はパイズリとフェラ。
3章は尻尾によるアナル責めです。
 「ほら、どう?頭の中、気持ちいい、気持ちいいっていう感覚で
  いっぱいになっちゃってるでしょ?
  食いしばった口から、我慢しきれない、
  切ない喘ぎが漏れちゃってるけど?」


【ここがオススメ!】
この値段でこのボリュームはお買い得感満載です!
サキュバス好きならとりあえず購入しても満足できると思います。
管理人もそのうちの一人w
個人的に気にいったのは、妹の爆乳サキュバス。
快楽責めの中、やりたい放題にパイズリとフェラをしてくれます。
このためだけに買ったとしても納得できる価格と内容だと思います。
3章の作品解説のウチ、どれか一つでも気になったのならオススメです。

また、SEやちゅぱ音が秀逸です。
これって結構重要ですよね。
特にパイズリのSEは当たり外れが多いので高評価です。
SE無しのバージョンもあるので、万が一気にいらなくても安心です。

そして3章。
尻尾によるアナル責め+エネマグラ。
あとは分かるな?w

【ここが残念!】
痛いのが嫌いなヘタレドMなので、1章は苦手でした。
無理矢理勃起させられるシチュは好きなのですが、痛みを伴う手コキはどうも。
ただ、射精を懇願することで、痛みを快感に変えてくれます。
訓練されたドMなら最強にご褒美なシチュエーションだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>